【02】エアロゾルが人体に及ぼす影響について

エアロゾル粒子(浮遊粉じん)は、呼吸気道系から人体に侵入し、さまざまな影響を与えます。
代表的なものとして、刺激性炎症性障害、感染症、じん肺、アレルギー鼻・気道炎(花粉症、家ダニ)、粉じん吸入による中毒、発癌あるいは放射性エアロゾルによる肺の放射線汚染などがあり、現代の社会での生活衛生に大きな作用と影響を与えています。
この人体への侵入度合いは、粒子径が大きな要因となります。下図のように10 μm以上の大きな粒子と比べると、微小なタバコの粒子(0.2~0.3 μm)などは、多くが肺胞まで到達することが分かります。


仕 様
エアロゾル(粉じん)に対する基準
(人体影響を対象とした粉じん濃度基準)
粉じん濃度  粒子径 
建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管理法) 0.15 mg/m3 ほぼ10 μm以下
事務所衛生基準規則 0.15 mg/m3 ほぼ10 μm以下
作業環境評価基準 遊離けい酸0%として 2.9 mg/m3 4 μm、50%cut
公害対策基本法 1日の平均値として 0.1 mg/m3 10 μm以下
 

  • HOME
  • 技術情報
  • 【02】エアロゾルが人体に及ぼす影響について