オイルミストセパレータ試験装置 SPT140

印刷

  • 概要

    ● フィルタエレメントの各種試験に最適:
     差圧特性を含む主要なパラメータ
    ● ユーザフレンドリーなTOPAS製ソフトウエア
     で自動試験が可能
    ● 分かりやすいデータ表示


    ●オイルミストセパレータの圧力損失、重量捕集効率、
      捕集効率、 圧力制御特性に関する試験に最適な装置
    ●クランクケースベンチレーションシステムの最適化
      試験に使用可能
    ●関連コンポーネントの加熱制御によりアプリケーション
      指向の条件設定が可能

     



     

    オイルミストセパレータ試験装置 SPT140

  • 特長

  • 用途

    ●オイルミストセパレータ試験
    ●オイルミストセパレータや燃焼機関の開発・研究
  • 仕様

    本体の仕様
    流速 0~300LPMあるいは
    20~400LPM           
    内圧 +/-200mbar
    差圧 0~200Pa±2%
    被検体 エンジンオイル
    ATM243 オイルエアロゾル 1~60 g/h
    直径d50.3 <1.5µm
    エアロゾル温度 20~120℃
    LDG244 オイルエアロゾル 50 ~ 2000g/h
    直径d50.3=50~100µm
    エアロゾル温度 0~120℃
    温度範囲 20~120℃
    供給エア Compartment air, general laboratory conditions
    冷却水 max. 6 bar, circulation of cooling water
    (outlet temperature max 40°C)
    コンプレッサーエア max. 600 kPa(6bar); 50l/min
    電源 380VAC, 16A, 50/60Hz
    外形寸法 2100 mm x 925 mm x 1200 mm
    重量 約400kg





  • 付属品・別売品

  • カタログダウンロード