エアロゾル質量分級装置(APM) Model 3600

印刷

  • 概要

    世界初 遠心力と静電気力のバランスにより
    粒子を質量で分級するリファレンスモデル

    一般的には、粒子の空気動力学的挙動に基づき粒径で粒子を分級する方法が使用されていますが、本装置は全く新しい分級原理に基づいて粒子を質量で分級する装置で、独自の回転機構とシール技術、静電気効果と流体の流れを考慮した設計の、画期的な装置です。

    エアロゾル質量分級装置(APM) Model 3600

  • 特長

    遠心力と静電気力とのバランスで、粒子を質量で分級

    0.01~100fgのエアロゾル粒子を分級

    DMAとの組み合わせにより、粒子密度分布が測定可能

  • 用途

    粒子の質量分布の測定

    粒子の密度変化の測定

    密度が既知の、粒子の有効密度の測定
  • 仕様

    APMの原理



    仕様
    分級装置本体
    分級方式 遠心力と静電気力のバランスによる分級
    分級質量範囲 約0.01~100fg
    (粒子密度1g/cm3の粒子に対して約30nm~580nmに相当)
    2重円筒回転数 ~7,000rpm
    2重円筒高電圧 ~-1,000V
    2重円筒寸法 内円筒直径:100mm、内・外円筒間隙:2mm、円筒長さ:250mm
    サンプリング流量 1L/minを推薦
    外形寸法 本体 550(W)×400(D)×900(H)mm
    コントロール
    ユニット
    430(W)×350(D)×180(H)mm

    コントロールユニット
    制御機能 回転数および印加電圧
    表示機能 印加電圧 / 回転数 / 入口・出口間の差圧(パネル表示)
    入出力機能 入力 印加電圧 / 回転数設定
    出力 印加電圧 / 回転数 / 入出口間の差圧値
    操作電源 単相AC100V、50/60Hz 20A
    オプション 拡張ボード・通信ケーブル(インタフェース社)、計測ソフトウェア、輸送用木枠ケース

  • 付属品・別売品

  • カタログダウンロード

    • エアロゾル質量分級装置(APM) Model 3600

      ダウンロード