BubbleMaster 気液二相流計測システム 

印刷

  • 概要

    4点式光ファイバーセンサー
    気泡径、速度の高精度同時計測が可能

    楔状に加工した光ファイバー先端部を気泡が貫通する際に反射光量が変化することを利用して、気泡ごとに、気泡径と気泡速度を検出するシステムです。

    BubbleMaster 気液二相流計測システム 

  • 特長

    個別気泡の径と速度を同時計測

    非導電性の流体に適用が可能

    接触角度の補正による高精度計測(F-TOPセンサー)

  • 用途

    原子炉冷却 

    キャビテーション 

    気泡塔 

    溶液内ガス拡散



  • 仕様

    本体の仕様
    計測方式 光電検出式
    特長 気泡径・速度の同時計測
    センサー 先端傾斜ファイバー
    適用気泡径 1.0mm~
    適用最大流速 ~5m/s
    計測ソフトウェア  
    サンプリング方式  
    リアルタイムモニター  
    データ収録
    解析表示  
    データテーブル  
    ヒストグラム図
    バースト信号サンプリング
    光電変換出力信号
    最大100,000個(気泡数)
    気泡速度、気泡径、OK/NG
    バースト信号波形
    平均値、標準偏差
    気泡速度、気泡径、OK/NG
    気泡速度、気泡サイズ

    システム構成例
    光ファイバーユニット
    高精度4点光ファイバープローブ
    A/Dコンバーター
    コンピューター

    計測ソフトウェア


    センサーの種類
    S-TOPセンサー
    気泡が接触し、貫通する際の検出信号変化を検出します。


    T-TOPセンサー
    二本のセンサーを通過する気泡の時間差から、速度を計算します。




    F-TOPセンサー
    4本の楔形ファイバーを一体に成形することにより高精度計測を実現しました。各ファイバーセンサー検出信号の位相差と勾配から、気泡突入角度を計算し、補正計算、誤差計算を行います。
     


    本製品は関東経済産業局による、平成20年度地域イノベーション創出研究開発事業により開発しております。
    プロジェクトリーダー:静岡大学 齋藤 隆之 教授

  • 付属品・別売品

  • カタログダウンロード