高時間分解能PIVシステム 

印刷

  • 概要

    高繰り返しレーザーとハイスピードカメラの組み合わせ
    高時間分解能PIV計測

    世界最先端のダブルパルス動作YLFレーザーとハイスピードカメラを制御し、10 kHz程度の時間分解能でPIV計測を行うシステムです。
    1 kHzで30 mJ/pulseを発光するYLFレーザーは、コンパクトな冷却装置で可搬性に富み、励起LD交換などのメンテナンスが容易です。また、外部冷却水を必要としないため、水資源が節約できます。 ハイスピードカメラは、世界最先端のSR-CMOS技術により、高感度、低雑音、高空間分解能を実現しています。

    高時間分解能PIVシステム 

  • 特長

    高解像度で1kHz-10kHzの時間分解能でPIV解析

    高精度デジタルハイスピードカメラ使用

  • 用途

    風洞実験

    噴流解析

    渦解析

    エンジンシリンダ内部の空気流動解析

    ガスタービン燃焼器解析

    ポンプ内流れ解析

    自然対流解析

    気泡塔解析

    河川などの表面流れ解析
  • 仕様

    高繰り返しYLFレーザー
     レーザー出力 30mJ/pulse @ 1 kHz
    繰り返し 0.2~20 kHz(per laser pulse)
    波長 527 nm
    平均出力 30 W


    ハイスピードカメラ
    解像度 1024×1024 pixel
    フレームレート フルフレーム 12500 fps
    セグメントフレーム 324000 fps
    センサー SR-CMOS

    システム構成

    基幹ソフトウェア DaVis

    DaVis HS-PIV モジュール

    ハイスピードコントローラー

    デジタルハイスピードカメラ

    ハイスピードYLFレーザー

    ライトシート光学系
  • 付属品・別売品

  • カタログダウンロード