CSRに対する考え方

私たちは、創業者理念を源泉とした経営ビジョンを根幹に据え、徹底したマーケティング思考と堅固な技術基盤の両輪をもって、競争優位なバリューチェーンを構築し、グローバルニッチリーダーとして、とことんまで顧客価値創造の手伝い役を果たすことを通じて、社会の発展と維持に貢献していくことを最大の社会的責任であると考えています。

形式的なCSR活動にとどまらず、究極的な顧客価値創造を通じ、産業のマザーツールたる計測器をつくり続けることこそが、わたくしたちの最大の義務であると考えています。

そして、コンプライアンスや企業ガバナンスにも経営トップから徹底した浸透をはかり、サステイナビリティーを確保し、高リスク耐性のある安定した企業を目指します。


環境への取り組み

□ 施設の点検、補修及び修繕の実施状況
所定場所の線量測定と施設点検を実施し、補修を要する異常は認められなかった。
点検日 内容
平成28年3月10日 異常なし
平成27年12月22日 異常なし
平成27年9月28日 異常なし
平成27年6月3日 異常なし
平成27年3月25日 異常なし
平成26年3月28日 異常なし
平成25年12月27日 異常なし
平成25年10月1日 異常なし
平成25年6月25日 異常なし
平成25年3月28日 異常なし
平成24年3月30日 異常なし
平成23年12月8日 異常なし
平成23年7月29日 異常なし
平成23年6月30日 異常なし
□ 放射性同位元素取扱者の教育、訓練、研修等の実施日と主な内容
実施日 内容
平成26年3月28日 線量計測の事例について
(文献の紹介)
平成25年3月27日 事故事例について
(放射線講習会資料の紹介)
平成24年3月29日 事故事例について
(放射線講習会資料の紹介)